唾液

私たちの歯やその他の健康に関係する唾液ですが、そもそも唾液とはどのようなものでしょうか。

唾液は唾液腺から分泌されます。人が1日に分泌する唾液の量は、なんと1リットルから1.5リットルにも及びます。そしてその99%が水分です。残りの1%はなにからできているかというと、無機成分と有機成分になります。無機成分の中には、ナトリウム、カリウム、リン、そしてカルシウムが含まれ、有機成分の中には、アミラーゼ、免疫グロブリンA、ムチン、そしてラクトフェリンが含まれています。

 

唾液には粘液性のものとそうでないものがあります。唾液が粘液質のときは、糖タンパクが含まれているのでそうなります。こういった質の唾液が分泌されているときというのは、心身が興奮状態にあるといえます。というのは、粘性の唾液は交感神経の指令によって分泌されるからです。逆に粘性のない唾液が分泌されるときというのは、穏やかな心身状態であるといえます。というのは、粘性のない唾液は副交感神経によって分泌されるからです。

虫歯の予防に効果を発揮する唾液というのは、この粘性のない唾液です。粘性がないので、歯を隅から隅まで包み込んでくれます。

 

粘性のない唾液は、耳下腺というところでつくられています。ですから、虫歯予防のために粘性のない唾液の分泌を促すには、奥歯の噛み合わさっているところから、頬を結んだ直線上のあたりを指でマッサージしてあげると効果があります。

この粘性のない唾液をたくさん分泌させてあげることで、あなたの口の中だけでなく、身体の健康をもよい状態に保つ生体をつくることができます。ですから、ストレスに注意をしたり、チューインガムを噛んだりといったことをするだけで、質のよい唾液で常に口を満たすことができます。