歯をとりまく環境

歯の主成分はハイドロキシアパタイトです。そしてこの歯は、唾液の中に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンに浸されて包まれています。

食べ物を食べたり甘いものが口の中にはいってきますと、口内に生息するミュータンス菌などが酸を排出します。歯は、この酸を中和させるために自らを溶解させます。酸が中和されると、カルシウムイオンやリン酸イオンは歯に吸収され、歯は再び修復されます。

このようなイオンのバランスが崩れると、歯は酸に侵されて虫歯となってしまいます。しかしながら、フッ化物イオンを口内に与えてやると、歯の修復は促進されます。

 

私たちの歯は、このようなイオンの化学反応の中にあります。したがって、雑菌が多く生息するプラークが多かったり、間食などで常に口の中に食べ物がある状態ですと、歯の周りの酸が停滞して虫歯になりやすくなります。

虫歯は歯の根元から起きやすい傾向にあります。歯の根元というのは、象牙質に近い部分なのです。象牙質はエナメル質よりも酸に弱いですから、そのような現象がおきるのです。

虫歯の元となる酸を強烈に産出する菌は、前述しましたミュータンス菌です。このミュータンス菌は、もっぱらプラークの中に生息しています。ミュータンス菌は、歯にくっ付きやすいので、歯の表面で集団化します。

ミュータンス菌の他に虫歯の原因を引き起こしやすい菌は、ラクトバチラス菌です。ラクトバチラス菌は、ミュータンス菌のように歯に張り付きやすくはありません。しかしながら、この菌が生息しやすい環境があれば繁殖します。口の中の環境が悪ければ悪いほど、このラクトバチラス菌は繁殖します。ですから、この菌がどれだけ口内に生息しているかどうかを調べることにより、人の口の中の状況や食習慣をうかがい知ることができます。