砂糖

概して砂糖を多くとれば、虫歯になりやすくなると考えられています。本当にそうでしょうか。答えはNOです。確かに、ミュータンス菌が糖類をエサにしてプラークを作り、そこから発生する酸によって歯が溶ける現象が虫歯といえます。

しかしながら、ミュータンス菌が口の中に存在しなければ虫歯にはなりません。逆にミュータンス菌が存在しても、シッカリとしたオーラルケアを実施していれば虫歯になる確率は下げられます。

更に、虫歯を「細菌感染症」という生活習慣病の一種であると考えれば、日頃から規則正しい生活のリズムで活動し健康に気を配っていれば、虫歯にかかりにくいともいえるでしょう。要は、免疫力を高く保つことです。

砂糖をとるといっても、その形はさまざまです。例えば、飴を長時間なめ続けるのと、甘い缶ジュースを一気飲みするのとでは意味が違います。つまり、口の中に砂糖が滞在する時間の長さが違うのです。

基本的に、食事に含まれる糖分ていどの砂糖では、虫歯になるとかならないとかには大した影響はないと言われています。また、甘い缶ジュースを一気飲みしても、虫歯にはなりにくいといえます。虫歯になりやすい砂糖のとり方とは、飴を長時間なめ続けるといった形のものです。つまり、確かに砂糖は虫歯の原因となりますが、その砂糖のとり方によって虫歯になる確率は違ってくるのです。

砂糖を完全に生活から排除するのは、難しいことです。甘い味というのは、心身をリラックスさせてくれる効果があります。砂糖なしの生活は、人との関わりにも影響してくることでしょう。

アメリカでは、1960年から水道水にフッ素を混ぜています。その結果、虫歯になる確率が急激に下がったといいます。虫歯を防ぐ方法は、砂糖を控えることばかりではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です