社会人が医学部を受験する方法

全ての学力をバランス良く仕上げる必要がある

私立大学ならこの3科目の成績を上げれば良いのですが、国公立を目指す場合には国語と社会も必要になります。
全ての学力をバランス良く仕上げる必要があるため、国公立対策の方が時間がかかります。
学習計画を立てる時には、このように私立と国公立とで対策方法が異なることを理解することが重要です。
無駄を省いて必要なことに時間を割けるように、現在の学力を見ながら足りないところを補うような学習を行います。
過去に得意分野であっても、社会人になってからしばらく経つとほとんどの内容を忘れてしまっていることも少なくありません。
これがとても怖い所であり、勉強を再開しても最初は以前よりも偏差値が低くなってしまうのが一般的です。
もちろん、働き始めてからもずっと勉強を続けてきた人は以前より下がることは少ないのですが、多くの人は一度きっぱりと学習を止めてしまっていますので、低い位置からのスタートになることを理解しましょう。
最初の数か月間は、ペースをつかむだけでも大変かもしれません。
慣れるのに精いっぱいで成績が伸び悩むかもしれませんが、その時点ではまだ慌てる必要はなく、最終的に追いつくことを考えながら進めます。
方向性としては、得意分野をできるだけ伸ばしておくことが大切です。

基礎的な学力だけでなく難しい問題でも解けるような実力が必要全ての学力をバランス良く仕上げる必要がある勉強だけに専念できるような環境を作りましょう